海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
産地直送で日本海および近海の海鮮を現地スタッフの目利きによりお届けするおまかせ便!注文を受けてから仕入れるため天候や市場の相場により品数や内容が替わりますが、限界に挑戦します!
日本海、丹後、瀬戸内、下関シリーズをお届け!


日本海シリーズ




活きがええけん!美味しいうちに食べんさいよー日本海でとれる海鮮を素材のまま美味しく召し上がっていただくコツをご紹介



海鮮トリビア本物の海鮮を手にしていただきたい!そんな思いで、海鮮豆知識を随時公開


素材がいいと美味しく調理できるね〜
新鮮だから美味しい!素材を活かしたレシピをご紹介
あなたのレシピも随時募集!




海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


.



海鮮あれこれ調理法〜生蟹の茹で方/焼き蟹にする場合

※海鮮おまかせ便では、蟹はボイルしてお届けしておりますが、希望者には生のままでお届けすることも可能です。ご相談ください。

  1. 蟹がグッタリするまで、真水に浸けます。

  2. その後、蟹をタワシで洗います。 (汚れを落とす為)

  3. 沸騰した、たっぷりの熱湯に塩を加えてから蟹を入れます。
    塩加減は海水より少し薄めです。
    蟹が浮き上がらないように、お皿等で押さえて茹でて下さい。

  4. 下記の茹で時間を参考にして茹でて下さい。
    茹で時間は、蟹を熱湯に入れ再度沸騰してからの時間です。
    蟹によって茹で時間は異なります。茹で時間が短いとみそが足に回り蟹が真っ黒になります。

    ※蟹はお腹を上にして茹でて下さい。 茹で時間厳守!
蟹の種類 茹で時間
ズワイ蟹 14分〜17分
甲箱蟹(ズワイのメス) 15分〜16分
オスタラバ蟹 6分〜8分
メスタラバ蟹 15分〜17分
毛蟹 15分〜18分

(生蟹を発送する場合、茹で時間等を記入したチラシをお入れ致します。)



ご家庭で蟹を茹でる時は、足と胴体を切り離して茹でると上手に美味しく茹でることが出来ます。それぞれの茹で時間を参考にして下さい。

○ズワイ蟹の場合
    蟹足は5分(蟹・小)〜7分(蟹・大)
    胴体は14分(蟹・小)〜17分(蟹・大)

○オスタラバ蟹の場合
    茹でる時に、甲羅の後ろの方から甲羅をめくって中のみそを洗い
    流してから茹でてください。
    足と胴体を切り離さずに、6分〜8分

○メスタラバ蟹の場合
    卵は外さず一緒に茹でて下さい。
    蟹足は6分〜7分
    胴体は15分〜17分

○毛蟹の場合
    足と胴体を切り離さずに、15分〜18分


注意・・・・茹で蟹、生蟹は、水洗いしてからお召し上がり下さい。
      茹で蟹を再度茹でると味が抜けます。
      温める場合は、お湯をかける程度にしましょう。



ズワイ蟹を焼き蟹にする場合

  • 足は焼き過ぎにご注意下さい(焼きすぎると、身が殻にくっつきます)

  • 頭は、焼けにくいのでアルミホイルで包んでガスレンジのグリル(魚を焼く所)で中火で15分〜18分位、蟹ミソまで焼けて絶品です!






お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地近江町市場から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料リストはお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は金沢市の近江町市場にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。
宅配便はクール便にて、現地近江町市場から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved