海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
下関ふく。地元下関では“ふぐ”ではなく、福に通じるとして“ふく”と呼ぶ。「七宮家献上」させていただいたことのある信頼のおける業者から直送。ふくの魅力と豊かな味覚をご堪能ください!もちろんすべてに「下関ふく」シールがついていますよ。



下関シリーズ






季節限定 ふぐの女王様!





こだわりの逸品!





その他セット商品!

 ・ふぐ唐揚げセット

 ・ふぐ一夜干しセット

 ・ふぐ唐揚げ
    &一夜干しセット

 ・ふぐ唐揚げ&たたきセット

 ・ふぐ一夜干し&たたきセット

 ・とらふぐ刺し身25cm皿
     &ふぐ唐揚げセット

 ・とらふぐ刺し身25cm皿
     &ふぐ一夜干しセット







“下関たべり〜ね!サポターズ”に登録しました
“海鮮おまかせ便”は下関産の海産物を取扱っており、その美味しさを全国に発信しています
(ロゴマークは使用許可済み)




素材がいいと美味しく調理できるね〜
とらふくセットを最後まで美味しくめしあがっていたくだくためのレシピをご紹介





海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け




.




ふく名人の素顔・こだわり

創業80年の老舗ふく問屋が自身を持ってお届けします。
獲れたてのふくを何処よりも美味しく、何処よりもお求め安く!



下関ふくを全国に広めたい!

全国の約9割のふくの水揚げを誇る下関。先人達の努力の甲斐もあり「下関といえばふく」というイメージが今日、全国に浸透するようになりました。私どもは、老舗の誇りと威信をかけこのふく文化を支え、守っていく役目を担っています。もっと多くの方にふくの魅力と豊かな味覚を知っていただくため、コストダウンや新たな流通システムの確立に取り組むとともに、ふくのイベントなどを通して感動と興奮を提供するなど、次世代へ向け新たな挑戦を続けています。

(株)海
代表者 末永興一氏



2つのこだわり
  • ふくのセリは下関唐戸魚市場仲卸協同組合組合員である28業者にだけ認められています。この組合員が下関のふくの番人ともいえ、下関唐戸市場のふくブランドを守ってきたといえます。
    プロの目利きが最高級と認めたものだけを仕入れ、それを最高の状態で加工してお届けするのです。
  • 独自の製法で、さらに美味しく安全な“ふく”を供給しています。
    養殖とらふくはすべて生簀でいったん2〜3日泳がせます。
    この生簀で磁気活性還元水と波動水を使い、人間に有害なマイナスエネルギーを全て除去します。
    この時点で、活きのよいふくだけを選別し、商品として提供しています。
左:養殖   右:天然
 

天然は風格・顔つきが全く違います。ひれで見分けることも出来ます。




料理長の素顔

最高のふく刺しをお届けします!
毎日、何千枚の刺身を切っている。どれも同じ厚さでお見事。
一枚一枚気持ちを込めて引くふくの刺身は最高の職人芸です。


料理長  中越祐一(なかごし ゆういち)氏
 多い時は、一人で、1日数千枚のふく刺しをひいています。
 まさに、芸術をお皿の上に描くプロ中のプロといえるでしょう








お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
Fax:082-555-7155
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved