海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
京都府の丹後半島の間人(たいざ)港に水揚げされる間人蟹。12月〜2月の冬の厳しい折は漁が出来る日が限られます。間人漁港に水揚げされる蟹は貴重で、それ故に“幻の蟹”と呼ばれています。そんな間人蟹を季節限定でお届け。活、茹で、お好みで!

丹後シリーズ


素材がいいと美味しく調理できるね〜
幻のカニの味をそこなわないように基本をマスターしてお召し上がりください



海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


.


カニの調理あれこれ



●カニのさばき方一例
  1. 甲羅を上にし、ハサミのある足を向こう側に置き切り落とす。
    (包丁の元刃で軽く叩き切る。A図
  2. 足にタテに切り目を入れると身が大変取り出しやすい。
  3. 胴体は左手に持ち、右手で甲らの下のほうからはなす。
  4. 胴体についている花びらのような形をしたエラはすてる。
  5. 胴は内側からタテに切り目を入れ、B図のように切り目を入れるか、もしくは手で裂いてもよい。
  6. 甲羅のミソはそれぞれに召しあがれ!

●生ガニはこうして茹でる
丸ごと茹でる時は、沸とうした湯の中に塩を入れ(吸物の味くらい)、再び沸とうしてから約15〜20分間茹でます。

カニレシピバリエーション


▲カニスキ


▲カニ酢


▲焼きガニ
  ●カニスキ
だしが煮えた時にカニを入れ、色が変わるのを見はからって食べて下さい。くれぐれも煮すぎない様に。
野菜もお好みに合わせて適量をどうぞ。



●カニメシ <材料>
米…1升
しょうゆ…大さじ3
みりん…大さじ3
さとう…小さじ1
塩…小さじ1
子持ちセコガニ(生)…5匹

<作り方>
  1. 生の子持ちガニを丸ごとたわしで洗う。
  2. カニからダシがよく出るように足先を切り背中を真二つに切る。
  3. 調味料と水を入れ、米を仕かけた鍋にカニをきれいにのせて炊き込む。
  4. 炊き上るとカニだけを取り出し、カニの子や身を全部取り出し、これをご飯にまぜる。


●カニ酢(2ハイ酢)
カニスキの鍋(ダシ汁はそのままでよい)のカニが赤くなったら出来あがり。2ハイ酢で食べる。



●焼きガニ
鉄パンにアルミホイルを引き、松葉ガニを焼く。2〜3分で足の色が赤くなってきたころ食べごろです。
松葉ガニは甘みがあり、海の塩がついていますので調味料はつかわず、そのまま食べた方がおいしいです。



●残ったガラは捨てずに。
水から煮て、スープをお作り下さい。
雑炊に、みそ汁に、大変美味です。



お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
Fax:082-555-7155
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved