海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
産地直送で日本海および近海の海鮮を現地スタッフの目利きによりお届けするおまかせ便!注文を受けてから仕入れるため天候や市場の相場により品数や内容が替わりますが、限界に挑戦します!
日本海、丹後、瀬戸内、下関シリーズをお届け!



海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


取り扱いシリーズ

四国・黒潮シリーズ










海鮮を更に美味しく食べるためのこだわりグッズを公開!コンロと燻製道具専門のアールテック社製をご用意しました



.





海鮮おまかせ通信

季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[2010.11.30配信号]━
┌――┐
|\/|■海鮮おまかせ通信〜新鮮な旬の“海の幸”をご家庭にお届け!
└――┘               http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この時期、食べたい旬の海鮮食材がい〜っぱい。


日本海の“ずわい蟹”“メスずわい蟹(せこがに・親がに・香箱蟹・こっぺ)”

“地物毛蟹”に“甘海老”、“いくら”に“ホタテ貝”・・・

“とらふぐ”に“ヨコワまぐろ”・・・・“天然伊勢海老”に“牡蠣”・・・

“戻りカツオ”に“白ガス海老”・・“ブリ”に“真鱈”・・など等・・・・


美味しい海鮮食材のオンパレード。

何をお取り寄せするか?

迷ってしまう。


クリスマスに忘年会、新年会にホームパーティー・・・・


産地直送!

旬の海の幸の美味しさを贅沢に楽しもう。

新鮮食材で料理の楽しさ倍増だ!


                 海鮮おまかせ便 代表 加藤秀樹


               
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<INDEX>

 01: 【四国・黒潮シリーズ】
    〜活・天然伊勢海老が届いたなら・・・・〜
        
 02:【日本海シリーズ】
    〜金沢市・近江町市場 最新情報〜

 03:【下関シリーズ】  
    〜今シーズンは“とらふぐみがきセット”のお取り寄せが大人気!〜

 04:【出雲シリーズ】
    〜“1本釣り・天然ヨコワまぐろ”1本丸ごと食べ尽くしセール〜 

 05:【瀬戸内シリーズ】
    〜生食用牡蠣の出荷スタート!〜
 
 06:【プレゼント企画 答え合わせ】    
    〜天然・伊勢海老の隠れた名産地の宍喰は何県でしょうか?〜 
                   
 07:「海鮮おまかせ通信」読者 プレゼント企画 
    〜『広島県産 牡蠣名人の育てた“殻付き牡蠣”』プレゼント〜
 
   
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



======================================================================
◇【四国・黒潮シリーズ】    
  〜伊勢海老を黙らせるには・・・・コツを教えます!〜
======================================================================

『なにせ、活きが良すぎてびっくり!』

『元気が良すぎて、台所が水浸しになっちゃった!』・・・・と嬉しい悲鳴。

宍喰(ししくい)産・天然伊勢海老をお取り寄せしたお客様からの生の声。



伊勢海老は漁師さんが水揚げした時はストレスが溜まり弱っている。

そんな弱った伊勢海老を沖の生簀(いけす)に移して落ち着かせる。

達人は、伊勢海老を元気に復活させ出荷のタイミングを見逃さない。

だから、届いた時はびっくりするほど元気。


伊勢海老はカニよりもデリケート。とても扱いが難しい。

少しの環境の変化で死んでしまったり共食いをしてしまう。

出荷の際も常温が原則だが、気温の変化で死んでしまったりと気難しい。

活きたイカを出荷するのと同じかも知れない。
  

そんな伊勢海老を知り尽くした『宍喰の伊勢海老の達人』だからこそ、間違い

のない活・伊勢海老を出荷することが出来るのだ。
 




【活きの良い伊勢海老が届いたら・・・・】


刺身にするにしてもボイルするにしても、伊勢海老を摑まなければならない。

伊勢海老はかなり力が強い。しかも突然暴れだす。

パチンと尾っぽで叩かれたなら失神ものだ!

結構、体に棘(とげ)があり、それがあたると怪我のもとだ。

怪我をしないためにも、軍手が必要。



達人に聞いた活・伊勢海老を黙らせるコツを伝授。

〜氷水を作っておいて、伊勢海老をつけるだけ〜

 静かになる。 それだけのことだった。


  
“活・ずわい蟹の塩茹で”の際と同様に氷水で〆るというのがポイントだ。

“活・ずわい蟹”を茹でる時に、活きたまま茹でると“ずわい蟹”の自衛本能

で自ら足を外してしまう。だから、活蟹は氷水で〆てから茹でると良いのだ!


知識として頭の片隅に入れておこう。



活・伊勢海老の捌き方は比較的簡単!

ネットで検索すれば捌きかたは動画で多く紹介されている。

是非、伊勢海老の活き造りに挑戦してもらいたい。




〜阿波の国・宍喰(ししくい)産 天然・伊勢海老 産地直送〜

 【海鮮おまかせ便 四国・黒潮シリーズ】
   http://www.kaisen-omakasebin.jp/kurosio/kurosio_index.html


※天然・伊勢海老の販売期間もあとわずか・・・・1月末迄

※お正月用の天然・伊勢海老のお取り寄せはお早めにご予約下さい。





======================================================================
◇【日本海シリーズ】
   〜金沢市・近江町市場 最新情報〜
======================================================================

【金沢市近江町市場 最新情報】

★活ずわい蟹・・・・身入りも良くお奨めです。
          カニ鍋、焼き蟹、蟹の刺身・・・・食べた〜い!
          蟹名人の仕入れた“ずわい蟹”はハズレがありません。

★香箱蟹・・・・・・ずわい蟹のメス。体は小さいけれど濃厚な味で大人気!
          シャキシャキの外子。まったり内子。共に珍味です。
          1月10日迄の期間限定販売です。

★地物毛蟹(大)・・タグ付きの石川県産・地物毛蟹。。。希少価値があり。

★甘エビ・・・・・・ブルーの卵を抱え、とても美しい!
          獲れたて!日本海の味覚は甘さ炸裂!

★ガス海老・・・・・特に白ガス海老はお奨め。お問い合わせを。

★人気のいくら・・・今年は相場も下がりお買い得!(1箱・500g入)


寒さが増すにつれてカニも美味しく感じられます。
早めにご予約を・・・・!


金沢市近江町市場から直送!
  【日本海シリーズ】
     http://www.kaisen-omakasebin.jp/index_hoku.html 





======================================================================
◇【下関シリーズ】   
   〜今シーズンは“とらふぐみがきセット”のお取り寄せが大人気!〜
======================================================================

腕に自身のある方は“とらふぐみがき”がお得である。

量も然ることながら、自分でひく刺身は格別である。



「自分で“とらふぐ刺身(てっさ)”をひいてみたい!」


「自分好みの大きさにぶつ切りにして“とらふぐ鍋(てっちり)”を食べたい!」


「“とらふぐ刺身”も“とらふぐ鍋”も“とらふぐ唐揚げ”も“とらふぐ塩焼き”

 も“とらふぐにぎり鮨”も“とらふぐ雑炊”も・・・・・ぜ〜んぶ食べたい!」


「とにかく思いっきりお腹がはち切れるまで“とらふぐ三昧”したい!」


    ・・・・・・なんて欲張りな方が増えている。

  

それに応えられるのが“とらふぐみがきセット”!

腕に自身がある方、調理が好きな方に打ってつけの商品だ。




“とらふぐ”のお取り寄せは、下関市唐戸市場仲卸直送だから安心・安全。


 【下関シリーズ】
   http://www.kaisen-omakasebin.jp/shimonoseki/index.html 





======================================================================
◇【出雲シリーズ】   
   〜“1本釣り・天然ヨコワまぐろ”1本丸ごと食べ尽くしセール〜
======================================================================

今年もこの時期がやってきた。

『1本釣り・天然ヨコワまぐろ”1本丸ごと食べ尽くし』の季節。


11月中旬からボチボチ水揚げされている。

マグロは寒くなるにつれ、脂がのってくる。

『全身が中トロ状態』になる今からの時期がお奨め。


12月は3kg〜4kgが中心だが自宅で食べるなら充分。

日帰り漁で水揚げされた“よこわまぐろ”をガンガンに氷詰めにし直送する。

鮮度抜群!その美味しさは言葉では言い表せない。

魚を捌けない人には決して味わえない味だ。


“天然よこわマグロ”は天候次第で水揚げがない場合が多い。

それに相場が乱高下。

なかなか口に入るまでには高いハードルがある。


忘年会・新年会のサプライズに人気なのだが・・・・

お届け日指定となるとなかなか・・・・難しいものがある。

  

それでも・・・とおっしゃる方は、お気軽にご相談下さい。



日帰り漁で水揚げされる鮮魚
  【出雲シリーズ 特選素材】

   http://www.kaisen-omakasebin.jp/izumo/tokusen.html




======================================================================
◇【瀬戸内シリーズ】   
   〜生食用牡蠣の出荷がスタート〜
======================================================================

今シーズンは11月25日から生食用牡蠣の出荷がスタート。

ようやく牡蠣名人の出荷のGOサインが出た。


気の早い方は9月から予約注文の電話を頂いていて、長くお待たせしてしまった。

今年は海水温が高く、身入りの状態が遅れていた。

11月中旬から気温が下がり始めて冬の気配を感じるようになった今、待ちに待

った牡蠣名人の育てた牡蠣の出荷開始。


牡蠣は鮮度が重要。また出荷するまでの処理工程が味の良し悪しを決める。

牡蠣は信頼できる業者から直送に限る。

 

牡蠣名人。今は、贈答用や年末用の「殻付き牡蠣」の準備が忙しい。

一度水揚げした「殻付き牡蠣」を選別し、再度、網に入れ海に戻すのだ。

身入りが充実し、更にプリップリの極上牡蠣が出来上がる。

「殻付き牡蠣」! 贈答用としても大人気だ。



【第19回牡蠣いかだレポート 2010年11月15日報告】
http://www.kaisen-omakasebin.jp/setouchi/ikada_report.html#report19





======================================================================
◇【プレゼント企画 答え合わせ】    
 〜天然・伊勢海老の隠れた名産地の宍喰(ししくい)は何県でしょうか?〜
====================================================================== 

【問題】
   天然・伊勢海老の隠れた名産地の宍喰(ししくい)は何県でしょうか?
   下記の@〜Dのうちどれでしょうか?


【下記の中から1つ選択】

@ 高知県

A 佐賀県

B 徳島県

C 香川県

D 島根県


答え : B


有効回答者数 363名

@2.4% A0% B97.2% C0% D0.4%

正解率は  97.2%でした。


※問題が少し簡単過ぎますね。




======================================================================
◇「海鮮おまかせ通信」読者
 〜『牡蠣名人の育てた生食用・殻付き牡蠣』プレゼント!〜
======================================================================
 
広島県産牡蠣 生産者直送!
  『広島県産 牡蠣名人の育てた殻付き牡蠣』をプレゼント!
   
   ■商品   広島県産 
         『牡蠣名人の育てた“殻付き牡蠣”(生食用)2kg』
           
   ■期間   11月30日(火)〜12月15日(水)

   ■当選者  1名様

   ■発表   12月17日(金) サイト上



  【応募フォーム】はこちら

    メルマガ読者の方は期間前にも受付けています。

        http://www.kaisen-omakasebin.jp/pre.html

        当選するポイントを参考にお申し込み下さい。
    


  ★前回プレゼント当選者
   
      阿波の国・宍喰産!
       『天然・活伊勢海老 1尾』

         H ・ 戸石 様 (広島県)

     


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■◇■海鮮おまかせ通信の解除、アドレスの変更は下記URLからお願いします。
   >> http://www.kaisen-omakasebin.jp/mm.html

 ■◇■記事の内容、弊社サービス、その他お問い合わせ先は
   >> mailto:umai@kaisen-omakasebin.jp

 発行責任者:加藤秀樹
 発行元: 海鮮おまかせ便
      〒730-0845 広島市中区舟入川口町21-7エフォートシステムビル3F
      Tel: 082-294-3618    FAX: 082-555-7751
      mail: umai@kaisen-omakasebin.jp
      URL: http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━











▲ページトップへ


お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved