海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
産地直送で日本海および近海の海鮮を現地スタッフの目利きによりお届けするおまかせ便!注文を受けてから仕入れるため天候や市場の相場により品数や内容が替わりますが、限界に挑戦します!
日本海、丹後、瀬戸内、下関シリーズをお届け!



海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


取り扱いシリーズ




海鮮を更に美味しく食べるためのこだわりグッズを公開!コンロと燻製道具専門のアールテック社製をご用意しました



.





海鮮おまかせ通信

季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届けします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[2009.1.17配信号]━
┌――┐
|\/|■海鮮おまかせ通信〜新鮮な旬の“海の幸”をご家庭にお届け!
└――┘               http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
毎年、年末になると全国各地の中央卸売り魚市場や地域の商店街は数倍の活気

にあふれ、お正月用の食材の争奪戦が行なわれている。

庶民の台所・金沢市近江町市場も例外ではない。


近江町市場の蟹名人に話を聞く。

毎年クリスマス以降、ずわい蟹の価格が急騰する。

信じられないだろうが、仕入れのため蟹をセリ落しに行っても、一夜にして

蟹の卸価格が3倍に跳ね上がることもザラ!


年間を通じて蟹の卸価格を考えてみる。

やはり、年末・年始の数日間が最も高い値段で推移する。

年末の蟹の卸価格は、その年の蟹の安値の9倍の卸価格がつく年もある。

年末に、天候悪による蟹漁の不漁の影響もあったりするのだろうが・・・。


それだけお正月には新鮮な蟹を食べたいという需要があるということだろう。



「海鮮おまかせ便」は毎年12月25日を最終出荷として、おまかせセット

等は受注をしないようサイトに記載している。

価格の変動が激しくて対応できないためである。


しかし、どうしても、それ以降の配達希望を指示した注文が入ってくる。


とても、有り難いことではある。


しかし、精一杯のサービス精神で受けた注文が、卸価格の高騰で商品内容に

影響が出てくると、ご注文いただいたお客様はもちろんのこと出荷する方も

含めて皆が不満分子を抱えることになる。


来シーズンはそうならないよう、心を鬼にしてセット商品の注文をお断りす

るか、お正月価格にスライドする等の対策を講じることになりそうだ。


                  海鮮おまかせ便 代表 加藤秀樹


                 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 <INDEX>

 01: 【日本海シリーズ】
     “たらば蟹”のメスの味も、また格別!

         
 02:【瀬戸内シリーズ】
     “牡蠣いかだ共同オーナー”の牡蠣の水揚げがスタート!
     
     
 03:【下関シリーズ】
     “とらふぐのみがき”に人気がある理由(ワケ)!
   
      
 04:【日本海シリーズ】
     アンケート結果にビックリ! まだまだ知名度が低い“香箱蟹”!
      
                         
 05:「海鮮おまかせ通信」読者プレゼント企画
     〜広島県江田島産直送 殻付き牡蠣プレゼント〜 

    
    
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



======================================================================
◇【日本海シリーズ】
   〜“たらば蟹”のメスの味も、また格別!〜
======================================================================

今シーズンの“たらば蟹”!

金沢市近江町市場に入荷する数が少なく、価格はかなり高く推移しています。

現在、“たらば蟹”をご注文する場合は個別相談になりそうです。



その“たらば蟹”! 一般に“オスのたらば蟹”のことをイメージしますよね。

が、忘れてならないのは、“たらば蟹”にもメスがいることです。

これが、また格別! とっても、お薦めなのです!



時季にもよりますが、通常「カニ蟹おまかせセット10,500円コース」に

オスの“たらば蟹”が入りますが、上記の理由で現状はかなり難しそうです。


その代わりに、今は“メスのたらば蟹”が入りそうです。

“メスのたらば蟹”は、内子と外子を持っています。

まだ食べたことのない方は、きっと貴重な経験が出来そうですね。



“ずわい蟹のメス”とは違い“たらば蟹のメス”は、大きさが1kg〜2kg

サイズにもなります。

食べごたえもありますし、一度“メスのたらば蟹”を食べられた方はその魅力

にとりつかれリピーターになる方も多いとか・・・。



“オスのたらば蟹”と“メスのたらば蟹”では茹で加減・茹で時間が全く違い

ます。つまり、味や食感が微妙に変わってきます。

メスの場合、内子・外子があるためどうしても茹で時間が長くなるためです。


「オスより、10分程度多く茹でんとあかんかな〜」と蟹名人。


そのため、茹でる際は微妙な火加減と塩加減が重要なポイントになってきます。



微妙な茹で加減! 

素人ではかなわぬプロの味! 近江町市場の蟹名人に任せるのが一番でしょう。

是非、試してみたい逸品ですね。




「カニ蟹おまかせセット」は“ずわい蟹”と“たらば蟹”または“地物毛蟹”

の詰め合わせセットです。現在は、絶品“メスのたらば蟹”が入る予定です。


日々の蟹の市況により商品内容が変わることもあります。

ご希望もお聞きしまので、ご相談下さい。


 【日本海シリーズ】
   カニ蟹おまかせセット

     http://www.kaisen-omakasebin.jp/set/kani.html




======================================================================
◇【瀬戸内シリーズ】(広島県江田島産牡蠣)           
   〜牡蠣いかだ共同オーナーの牡蠣の水揚げがスタート!〜
======================================================================

牡蠣いかだ共同オーナー様!

お待たせいたしました!

いよいよ、牡蠣いかだ共同オーナー様の牡蠣の水揚げが始まります。




牡蠣いかだ共同オーナー権 1口 で

 ・殻付き牡蠣コース   殻付き牡蠣20kg

 ・むき身牡蠣コース   むき身牡蠣 7kg  の出荷予定です。




お申し込みいただいた募集月により水揚げの期間(出荷期間)が違います。

 平成20年6月募集    1月16日〜3月20日

 平成20年7月募集    2月 1日〜3月20日

 平成20年8月募集    3月 1日〜3月20日


再度“牡蠣いかだ共同オーナー権利証”と同封の書類をご確認の上、お早めに

「お届け先依頼書」をご返送いただくようよろしくお願いします。


「お届け先依頼書」はお届け希望日の10日〜1週間前迄にご提出して下さい。




今シーズンの“牡蠣いかだ共同オーナー”様の牡蠣は、例年通り順調に育って
おります。

今年も、美味しい牡蠣をお届けできますので楽しみにお待ち下さい。




※2009年の“牡蠣いかだ共同オーナー”の募集は、期間限定6月〜8月の
 3ヶ月間です。

 【瀬戸内シリーズ】
    牡蠣いかだ共同オーナー

      http://www.kaisen-omakasebin.jp/setouchi/ikada.html




======================================================================
◇【下関シリーズ】    
   〜“とらふくのみがき”に人気がある理由(ワケ)〜
======================================================================
 
“とらふくのみがき”に人気が出てきています。



“みがき”とは・・・・

“とらふく”の皮を剥き、肝臓・卵巣などの危険部位を全て取り除いた状態に

してあります。


食用の部分をひとつひとつの部位に分解してあるのです。

イメージとしては、スーパーで良く見かける“カワハギ”の“とらふく”版で

しょうか?(見た目です)

当然“とらふく”の頭の部分や、皮の部分もそれぞれのパーツ毎に取り分けて

あります。



これがとても使い勝手が良く、腕に自信のある方や自分で様々な料理を楽しみ

たい方にはもって来いなのです。




最近、「自分で“てっさ”に挑戦したい!」と言う方も増えて来たようです。


また、“とらふく”を自分でお好みの大きさにぶつ切りにして鍋の具にしたり、

唐揚げ、塩焼き、天婦羅、とらふく雑炊、とらふく飯、とらふく茶漬け、茶碗

蒸し等・・・・・

お好みに合わせ料理を楽しむ方も多いようです。


個人的には、塩・コショウでしっかり下味を付け、焼きふぐがお薦めです。

骨までしゃぶって食べるのが癖になりそうです。



とらふくの皮も、喉に掛かるジャミ皮と呼ばれる部分は取り除いてあります。

皮の様々な部位によって食感を比べられるのも楽しいです。

湯引きにしたプルンプルンの皮が想像以上に美味しく量がありますので、

大変満足できることでしょう。



今、このように自分の好みで調理をしたいと思われている方が多くなって来て

いるようです。

これが“とらふくのみがき”に人気が出て来た理由でしょうか。



「海鮮おまかせ便」の取り扱う“とらふくのみがき”は冷凍を扱わず、冷蔵で

お届けするため鮮度が良く、味・歯ごたえを楽しんでいただけます。


これも、「袋競り」に参加している仲卸業者から直送しているからでしょう。


是非、ご利用して下さい。



そういえば、生の“とらふく白子”ですが・・・・

今年は、獲れる量が例年よりも少ないようです。

ご注文いただいても、予約待ちにさせていただく場合があります。

ご了承下さい。




======================================================================
◇【日本海シリーズ】
   〜アンケート結果にビックリ! まだまだ知名度が低い“香箱蟹”!〜
======================================================================

今シーズンの“香箱蟹”の販売は終了しました。

メスのずわい蟹(石川県では“香箱蟹”と呼ぶ)は漁期(11月6日〜翌1月

10日)が短いため、食べ損ねた方も多いのでは・・・・。



前回のプレゼント企画で行なったアンケート結果にビックリ!

“香箱蟹”を知らない方や食べたことが無い方が圧倒的に多く、まだまだ知名

度か低いようです。



プレゼント企画にご参加いただいた方の内、丁寧にアンケートに答えて頂いた

方の総数(有効回答)は、全国で204名でした。ありがとうございました。



@ 香箱蟹を食べたことがありますか?

A 香箱蟹のどんなところが好きですか?




【結果は・・・・】


@ 食べたことがある方は僅か30名でした。 約14.7%の結果です。



A“香箱蟹”を食べたことがある方のコメントを幾つか紹介します。


 ・卵の食味がなんとも言えない! (千葉県・K 様)

 ・私はオスも好きですが、オスはカニ味噌と身だけですけれど、香箱蟹の
  外子と内子、それらを絡めたカニ肉の味はとてもオスの及ぶところでは
  ありません。思い出してヨダレが出てきそうです。(鹿児島県・M 様)

 ・勿論香箱蟹が一番美味しいです。甲羅の中の赤味噌が一番です。酢醤油
  で食べるとそれだけで幸せです。 (石川県・T 様)

 ・あの外子と内子はいくらズワイが立派でも香箱にしか無理ですよ。食べ
  れる期間も短いし。 (富山県・I 様)

 ・ごっとり詰まったミソ (石川県・A 様)

 ・海の凛とした香り、プリプリした食感、上質の甘み (岡山県・I 様)

 ・身はしっかりとしていて甘味があり、味噌も香ばしく美味しかった。
  (東京都・T 様)

 ・とにかくオレンジ色というか朱色の内子が絶品!!!(群馬県・H 様)

 ・あの、ぷちぷち感でしょうか? (岐阜県・O 様)

 ・地元でスモンね。やっぱミソやんね。 (石川県・D 様)

           ・
           ・
           ・

  その他、「内子・外子が大好き!」というコメントが多くありました。



残念ながら今シーズンの“香箱蟹”の時季は終了しましたが、来シーズンを

楽しみにお待ち下さい。





======================================================================
◇ 「海鮮おまかせ通信」読者プレゼント企画
    【瀬戸内シリーズ】  広島県江田島産牡蠣
       牡蠣名人が育てた“殻付き牡蠣”を1名様にプレゼント!
======================================================================
  
  広島県江田島直送!

     牡蠣名人が育てた“殻付き牡蠣”


   ■商品   殻付き牡蠣 2kg
           
   ■期間   1月17日(土)〜1月30日(金)

   ■当選者  1名様

   ■発表   1月31日(土) サイト上


     【応募フォーム】はこちら
        http://www.kaisen-omakasebin.jp/pre.html


        当選するポイントを参考にお申し込み下さい。
    



  ★前回プレゼント当選者
   
     金沢市近江町市場直送  

        蟹名人が茹でた “香箱蟹(茹で)大サイズ”

           T ・ 菅野 様 (大阪府)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■◇■海鮮おまかせ通の解除、アドレスの変更は下記URLからお願いします。
   >> http://www.kaisen-omakasebin.jp/mm.html

 ■◇■記事の内容、弊社サービス、その他お問い合わせ先は
   >> mailto:umai@kaisen-omakasebin.jp

 発行責任者:加藤秀樹
 発行元: 海鮮おまかせ便
      〒730-0845 広島市中区舟入川口町21-7エフォートシステムビル3F
      Tel: 082-294-3618    FAX: 082-555-7751
      mail: umai@kaisen-omakasebin.jp
      URL: http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved