海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
産地直送で日本海および近海の海鮮を現地スタッフの目利きによりお届けするおまかせ便!注文を受けてから仕入れるため天候や市場の相場により品数や内容が替わりますが、限界に挑戦します!
日本海、丹後、瀬戸内、下関シリーズをお届け!



海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


取り扱いシリーズ




海鮮を更に美味しく食べるためのこだわりグッズを公開!コンロと燻製道具専門のアールテック社製をご用意しました



.





海鮮おまかせ通信

季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届けします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[2008.12.12配信号]━
┌――┐
|\/|■海鮮おまかせ通信〜新鮮な旬の“海の幸”をご家庭にお届け!
└――┘               http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
1年が過ぎるのは早いものですね。今年ももう師走です。
  
忘年会もあり年末・年始の準備も気になって、何故か気持ちだけが焦ります。



この時期になると、皆さんご存知の「旬のお魚」がお目見えします。

魚偏に師といえば、そうです「鰤(ぶり)」!



北陸の冬の訪れを告げる“鰤(ぶり)起し”!

猛烈な風と嵐、そして地響きの如く鳴り響く雷。

“寒鰤”の旬の時季を教えてくれる合図です。



鰤(ぶり)といえば、成長と共に名前が変わる出世魚の代表です。

地方によって成長過程にも呼び名が違うようです。


 関東では、ワラシ・イナダ・ワラサ・ブリ。

 関西では、ツバス・ワカナ・ハマチ・ブリ。

 北陸では、コゾクラ・フクラギ・ハマチ・ガンド・ブリ。



出世魚にあやかって、関西では昔からお正月にはおせち料理に使われます。

関東ではお正月には鮭を食べるという風習があるようで、関西との違いです。 



北陸の一部の地域では、お正月には娘が嫁いだ先に鰤を贈るそうです。

お婿さんの出世を願っての事だとか。



寒鰤の旬は12月〜2月頃まで。

氷見の寒鰤が有名ですが、やはり北陸地方で獲れる寒鰤は脂の乗りが良く大変

美味しいと評判です。



寒鰤を使った料理メニューも様々。想像しただけでもお腹が鳴ってきそうです。

 ・鰤の刺身

 ・鰤のたたき

 ・鰤のにぎり寿司

 ・鰤のしゃぶしゃぶ

 ・鰤入り海鮮鍋

 ・鰤の塩焼き

 ・鰤の照り焼き
 
 ・鰤大根(煮物)

 ・鰤茶漬け

 ・鰤の味噌汁


さて、あなたならどれを選択しますか?

私なら・・全部食べたい! 寒鰤1本買って全部食べ尽くしちゃいます。


                  海鮮おまかせ便 代表 加藤秀樹


                 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<INDEX>
         
 01:【日本海シリーズ】
     〜この冬!近江町市場が注目です。
     “金沢市近江町市場”が12月1日からリニューアルしました〜
     
     
 02:【瀬戸内シリーズ】
     アンケート結果公表     
     〜牡蠣名人が育てた牡蠣! どのような料理で食べたいですか?〜
   
      
 03:【丹後半島シリーズ】
     〜天気予報と睨めっこ!〜
      
                         
 04:【下関シリーズ】
     〜お正月には“とらふく”を食べて“福”を招き入れよう!〜

    
 05:「海鮮おまかせ通信」読者プレゼント企画
     〜金沢市近江町市場直送 香箱蟹(大)1杯プレゼント〜 
    
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



======================================================================
◇【日本海シリーズ】
   〜この冬!近江町市場が注目です。
     “金沢市近江町市場”が12月1日からリニューアルしました〜
======================================================================

テレビでもよく見かける加賀100万石の台所。

金沢市近江町市場!  日本海の海の幸が処狭しと並ぶ。


一度でも行かれた方はご存知であろうが、多くの店が軒を連ね様々な食材が

店舗を賑やかして旅人の目も楽しませてくれる。


その近江町市場! 

老朽化のため計画的に(近江町市場の半分づつ)建替えが進んでいる。


あの雑然とした市場。古いなら古いなりの風情がありとても好きだった。

その情景の変化には少し寂しい気がする。


新生!近江町市場!

1階が店舗、2階が飲食店、3〜4階が駐車場となる。


12月1日から我らの蟹名人のお店(みなみ)もリニューアルオープン。

市場内が完全に新しくなるのは来年4月1日からのようだ。


来年は、新生!近江町市場を探りに、金沢を旅するのも良いだろう。



【蟹の最新情報】

  ずわい蟹・香箱蟹・たらば蟹・毛蟹は順調に入荷されています。

  身入りも良好です。

  現在は、価格も例年通りで落着いています。



【北陸産・天然寒鰤】

  日によって価格が変動します。

  お求めの方は、お問い合わせをどうぞ。




======================================================================
◇【瀬戸内シリーズ】(広島県江田島産牡蠣)
   アンケート結果公表           
    〜牡蠣名人が育てた牡蠣! どのような料理で食べたいですか?〜
======================================================================

前回のプレゼント企画でアンケートを行いました。


     広島県江田島産・牡蠣名人の育てた牡蠣
 
      「どんな料理で食べたいですか?」

           との問いに、
   
        有効回答は273件でした。


【アンケート結果】

 1位 :鍋にして食べる              76票
       牡蠣鍋     45
       土手鍋     20
       しゃぶしゃぶ   3
       水炊き      2
       寄せ鍋      2
       みぞれ鍋     2
       湯豆腐鍋     2

 2位 :牡蠣フライ                60票

 3位 :生のまま(そのまま)           22票
 
 4位 :酢牡蠣                  20票

 5位 :レモン・すだち・カボス・ゆずをかけて   15票

 6位 :牡蠣ご飯(炊き込みご飯)         14票

 6位 :焼き牡蠣                 14票

 6位 :牡蠣グラタン               14票 

 9位 :ポン酢で                 10票

10位 :炙って                   3票

10位 :蒸し牡蠣                  3票

10位 :炒め物で(オイスターソース・バター)    3票

10位 :酒蒸し                   3票

10位 :シチュー・チャウダーで           3票

15位 :醤油や粗塩で                2票
 
15位 :天婦羅                   2票

17位 :茶碗蒸し                  1票

17位 :吸い物                   1票

17位 :牡蠣丼                   1票

17位 :マリネ                   1票

17位 :燻製                    1票

17位 :辛味大根をのせて              1票

17位 :佃煮                    1票

17位 :醤油で炒め、1晩サラダ油に漬け込む     1票

17位 :サンドやおむすび              1票


 
多くの回答をいただき有難うございました。

生食用なので、やはり生で食べたいとのご意見も多かったようです。

意外に票が伸びなかったのが、シチュー、バター炒め、天婦羅、茶碗蒸し。



牡蠣名人の一押しは、牡蠣がいっぱい入った牡蠣シチュー。

  牡蠣と牡蠣エキスがクリーミーなシチューにマッチしとってもお薦め!



管理人のお薦めは、ニンニクバター炒め。

  鍛冶屋さんのこだわり調理用鉄板(厚手6mm)を使用。
  まずはバターで青森産ニンニクスライスを炒める。
  ニンニクの芳ばしい香りが漂ったところで牡蠣を投入。
  焦げ目が付いたところで裏返す。
  お好みに合わせ、塩・コショウで味を調える。
  牡蠣がプクーッとしたら出来上がり。

  ニンニクと牡蠣の相性は抜群。 

  
  
“牡蠣名人の育てた牡蠣”で美味しい牡蠣料理をた〜くさん楽しんでください。



  ※ 牡蠣名人の牡蠣
      年内は27日が出荷の最終日です。
      年始は1月4日が初出荷の予定です。




======================================================================
◇【丹後半島シリーズ】    
   〜天気予報と睨めっこ!〜
======================================================================
 
京都北部の天気は毎日チェック!


“たいざ蟹”の水揚げが気になってしょうがない。


何せ“幻の蟹”と呼ばれるだけあって、天候によって何時水揚げされるかが

分からない。

沖が時化ると、即、漁は中止。

次の漁は何時になることか?


 
京都府の北部にある丹後半島。

その先端近くに“たいざ漁港”がある。

小型の蟹漁船が5隻しかいない小さな漁港だ。


ずわい蟹の漁場に日本で一番近いとされ、蟹を水揚げすると直ぐに港に戻る。

いわゆる日帰り漁である。

鮮度が命といわれる“ずわい蟹”。

たいざ漁港に水揚げされる“たいざ蟹”は間違えなく一味違う。


この“たいざ蟹”を食べた人にしかわからない至高の味。


「蟹通が最後に行き着く究極の蟹」である。



きっと、何時かは食べる日が来る・・・・




======================================================================
◇【下関シリーズ】
   〜お正月には“とらふく”を食べて“福”を招き入れよう!〜
======================================================================

下関では“河豚(ふぐ)”のことを「福」に通じるとして“ふく”と呼ぶ。


お正月には縁起物として“とらふく料理”を「たらふく」食べて「福」を招き

入れよう!


下関唐戸魚市場仲卸共同組合の組合員である仲卸業者は28業者。

その28業者だけが伝統の“袋競り”に参加でき、そのプロの目利きが最高の

“河豚(ふぐ)”を競り落して行く。


その仲卸業者が“下関産ふぐ”のブランドを守っており、正に“ふぐの番人”

と呼べるであろう。


その仲卸業者から、こだわりのトラフグをお取り寄せすることに価値がある。

本物のトラフグで是非「福」を呼び寄せたいものですね。


  【下関シリーズ】 本場の味を味わって下さい!
   
     http://www.kaisen-omakasebin.jp/shimonoseki/index.html



年末・年始は注文の状況によってお断りする場合があります。

お早めにご予約下さい。




======================================================================
◇ 「海鮮おまかせ通信」読者プレゼント企画
    【日本海シリーズ】 
       “香箱蟹(大)1杯”を1名様にプレゼント!
======================================================================
  
  金沢市近江町市場直送!

     今シーズンもあと僅か!

       “蟹名人の香箱蟹 1杯”プレゼント! 


   ■商品   香箱蟹(大サイズ)1杯
           
   ■期間   12月13日(土)〜12月21日(日)

   ■当選者  1名様

   ■発表   12月22日(月) サイト上


     【応募フォーム】はこちら
        http://www.kaisen-omakasebin.jp/pre.html


        当選するポイントを参考にお申し込み下さい。
    



  ★前回プレゼント当選者
   
     広島県江田島産・牡蠣名人が育てた

        “むき身牡蠣 1.0kg”

           K ・ 福村 様 (三重県)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■◇■海鮮おまかせ通の解除、アドレスの変更は下記URLからお願いします。
   >> http://www.kaisen-omakasebin.jp/mm.html

 ■◇■記事の内容、弊社サービス、その他お問い合わせ先は
   >> mailto:umai@kaisen-omakasebin.jp

 発行責任者:加藤秀樹
 発行元: 海鮮おまかせ便
      〒730-0845 広島市中区舟入川口町21-7エフォートシステムビル3F
      Tel: 082-294-3618    FAX: 082-555-7751
      mail: umai@kaisen-omakasebin.jp
      URL: http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved