海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
産地直送で日本海および近海の海鮮を現地スタッフの目利きによりお届けするおまかせ便!注文を受けてから仕入れるため天候や市場の相場により品数や内容が替わりますが、限界に挑戦します!
日本海、丹後、瀬戸内、下関シリーズをお届け!



海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


取り扱いシリーズ


.


海鮮おまかせ通信

季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[2007.3.28配信号]━
┌――┐
|\/|■海鮮おまかせ通信〜新鮮な旬の“海の幸”をご家庭にお届け!
└――┘               http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、仕事の打ち合わせと称してチョッと夜の街に出かけた。指定されたお店
に行くと、そこは沖縄料理専門のお店。早めに着いたため、不安ながらひと足
先に店に入り様子を伺う事にした。通されたカウンターの席から周りを見渡す。
沖縄民謡が流れており、マスターの衣装や三線などの楽器、全てが沖縄である。

壁に掛かっているメニューをみた。見たことの無いメニューばかりである。
知っているのはゴーヤチャンプルとソーキそば程度。
手元にあるメニューで必死に料理名の解読を始めた。
“豚の角煮”と表示されれば解るが、“ラフティ”と書いてあれば解らない。
“豚足”と表示されれば解るが、“テビチ”と書いてあれば解らない。
どうも、私はカタカナのメニューは覚え辛い。

不安になっているのが分かったのか、店員さんがアルバムを束でもって来た。
どうやら、この店の雰囲気を写真に撮ったものらしい。
正月の餅つき大会の写真もあったが、やたらとみんなで踊っている写真が多い。
「今日は、私も踊る羽目になるのか」とさらに不安になったが、写っている人
は、みんな幸せそうな顔をしている。「なるようになれ!」との思いである。

そうこうしてる内に、待ち合せの方も揃い、飲み始めることに・・・。
メニューを一生懸命覚えたが、注文は誘って頂いた方にお願いした。

出てきた料理は全部美味しかった。豚料理は口の中でとろけ、豚足も全く臭み
が無くコラーゲン一杯である。ミミガーだのチラガーだのコリコリと美味しい。
特に気に入ったのが“海ぶどう”。かつて、知り合いから沖縄のお土産で頂い
たことがあるが、全く味が違う。なにせ、このお店の“海ぶどう”は水槽で泳
いでいるものを食べさせてくれる。新鮮、激うま!食感がまるで違う。
海鮮を扱う者として、この“海ぶどう”に出会えてよかった。
沖縄料理のイメージが変わった日であった。また、会いに行きたい。

なにやら、騒々しい。店内にステージがあり、店のマスターが三線を弾き歌を
歌いだした。後で聞いた話だが、月に一度、このようにコンサートが催される
らしい。どうも、その日に当たったようだ。この辺になると泡盛が並び、気分
上々である。マスターと握手をしていたことも断片的に思い出される。

気が付けば、はしご酒。帰れば午前2時過ぎ。8時間程、飲み続けた。
翌日、左右のこめかみはズキズキと痛み、遠くからカーンカーンと踏み切りの
音が鳴り続けていた。「もう、酒は一生止めた」と思う瞬間である。


※美味しい海鮮に出会うたびに、幸せになる。

                   海鮮おまかせ便 代表 加藤秀樹

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 <INDEX>
 01:たいざ蟹について
     〜今シーズンの検証/来シーズンに向けてのお得な情報〜
 02:下関シリーズ
     〜ふぐの女王様“まふぐ”を季節限定で販売開始します〜
 03:瀬戸内シリーズ
     〜5月頃のお得情報をお見逃しなく〜
 04:瀬戸内シリーズ・プレゼント企画当選者
 05:レシピ案随時募集!
――――――――――――――――――――――――――――――――――

======================================================================
◇たいざ蟹について〜今シーズンの検証/来シーズンに向けてのお得な情報〜
======================================================================
3月20日で、今シーズンのたいざ蟹漁(地物ずわい蟹漁)が終了致しました。
昨年の11月に、京都府のたいざ漁港にお邪魔してから、1シーズンを経験させ
て頂きました。

高額な蟹ですが、海鮮好きの方は、一度は経験しておくべき蟹だと思います。

幻の蟹とあって、値段がかなり変動するものと思っていましたが、実際の処、
シーズン中に4回程度しか、値段の変更を行ないませんでした。
1番蟹・2番蟹・3番蟹と3段階に分かれているのですが、それぞれの蟹の重量に
幅をもたせているため、柔軟に対応できたからです。
逆に、私達が販売するのには難しいものであると思い知らされました。

今シーズンは、エイ!ヤー!で、通常よりワンランク上のものを出荷しました。
おそらく、海鮮おまかせ便で購入された方が何処よりも良いものを手にされた
と思います。私が一番羨ましいと思いました。

昨年11月に、たいざ蟹漁が解禁になって悪天候が重なり、漁がなかなか出来ず
値段が全く下がりませんでした。通常はご祝儀相場の後、値段が下がるはずが
昨年は違いました。そのまま、12月相場入りで高値安定のまま。1月中旬に一時
下がりましたが、2月には蟹の水揚げも減って行きますので年末と同水準まで
上昇。3月になってようやく少し落ち着きました。

それも、1番蟹・2番蟹のこと。3番蟹は値段が2万円前後で購入しやすいため、
ニーズが常にあるので値段がそんなに安くなりません。

天候によって入荷待ちにもなりましたし、本当に大変な蟹でした。
本当に仲買さんの苦労がわかります。

来シーズンに向け、同じ金額でもランクの高い蟹がが購入できそうな時期を
検証すると、
 ずわい蟹解禁の翌週から12月第1週位まで
 正月明けの1月中旬から下旬まで
 3月上旬から解禁終了まで
天候や水揚げ状況にもよるでしょうが、上記の3つの期間でしょうか・・・ 
とはいえ、蟹を食べたいと思った時が吉日、あまり待っていると食べる機会を
逸し、すぐにシーズンが終わってしまいます。

蟹のお薦めは1番蟹。値段は高いけれど一番食べ応えがありお得だと思います。
それとあらかじめ予約をしていた方がよさそうです。

それでは、来シーズンのたいざ蟹を楽しみに待ちましょう。



======================================================================
◇下関シリーズ〜ふぐの女王様“まふぐ”を季節限定で販売開始します〜
======================================================================
再三、海鮮おまかせ通信でもご案内して来ましたが、ようやく、下関シリーズ
“真ふぐセット”をアップすることが出来ました。

3月から5月に旬を迎える“まふぐ”ですが、流通の80〜90%は冷凍だそうです。
海鮮おまかせ便では、折角、28業社しかない唐戸市場仲卸協同組合の仲卸業者
さんから直送してもらうため、冷凍せずに、さばいた状態のままをお届けして
まふぐ本来の味を味わって頂く事にこだわりました。

“まふぐ”は皮に毒があるため、皮は食べません。
“まふぐ”は、天然とらふぐ、国産養殖とらふぐに次いで美味しいと言われ、
コクのあるだしが出るため、鍋・味噌汁の具として使われます。さらに、唐揚
げ・天婦羅・タタキ・ふぐ飯にしてもとっても美味です。

今が旬の、ふぐの女王様“真ふぐ”を是非味わって下さい。
お値段もかなりリーズナブルとなっています。


“真ふぐ切り身セット”には、すべて鍋スープ(700ml)1袋をお付けしました。
鍋以外にも、唐揚げや焼ふぐを楽しんで下さい。
【真ふく切り身セット】
   http://www.kaisen-omakasebin.jp/shimonoseki/mafuku.html

“まふぐみがきセット”は、ふぐ刺しやタタキを作りたい方や切り身の厚みに
こだわる方に最適です。
【真ふくみがきセット】
   http://www.kaisen-omakasebin.jp/shimonoseki/mafuku.html#mafuku_migaki

※真ふぐの品質について
  http://www.kaisen-omakasebin.jp/shimonoseki/mafugu_about.html  
※真ふぐで料理を作ってみました
   http://www.kaisen-omakasebin.jp/shimonoseki/mafuku.html#mafuku_ryouri   



======================================================================
◇瀬戸内シリーズ〜5月頃のお得情報をお見逃しなく〜
======================================================================
牡蠣は“R”の付く月に食べるといわれています。
あの美味しい牡蠣も、3月末で終了となります。

今シーズンは、ノロウイルスの影響で、全体的には厳しいシーズンとなりまし
た。更に、温暖化の影響で海水温が例年より高く、身入りの状態も1ヶ月程度
ずれ込んだようです。自然を相手にするのは、本当に難しいです。

今シーズン、美味しい牡蠣を口に出来なかった方は、本当に残念でしたね。

いずれにせよ、来シーズンの牡蠣にご期待下さい。


瀬戸内シリーズでは、来期にしこたま極上牡蠣を食べるためのお得情報を
5月頃に掲載する予定です。お見逃しなく。



======================================================================
◇瀬戸内シリーズ・プレゼント企画当選者
======================================================================

H19年3月19日〜23日まで行なった“瀬戸内シリーズプレゼント企画”には、多
くの方にご応募頂きありがとうございました。当選の倍率は、約130倍の倍率で
した。当選者はホームページ上で公表し、メールでご連絡いたしました。

商品:広島県江田島産牡蠣むき身セット(500g)

【当選者】(10名)
<東京都> S・飯島様        <福岡県> K・関谷様       
<広島県> R・有田様        <愛知県> A・関様
<兵庫県> U・山本様        <香川県> I・石橋様
<東京都> K・田中様        <広島県> C・武山様
<千葉県> T・長坂様        <静岡県> M・平野様

おめでとうございました。是非、牡蠣のご感想や自慢の料理の紹介を写真と共に
送付して下さい。読者の方に、ご紹介したいと思います。



「海鮮おまかせ通信」読者の方に、定期的にプレゼント企画を行なう様に
頑張ります。是非、応援して下さい。


======================================================================
◇レシピ案随時募集!
======================================================================

 海鮮おまかせ便サイトでは、あなたのレシピを随時募集しています。
 海鮮おまかせ便で届いた食材を使ったレシピをぜひお送り下さい!
 レシピ案採用者には、ささやかなプレゼントをご用意しております。(^.^)


 少しづつですが、送って頂いた写真やコメント等を、「お客さまの声」の欄
 でも紹介して行きます。
   http://www.kaisen-omakasebin.jp/voice/index.html

  是非、御覧下さい


 ◎海鮮おまかせ便サイトをご利用になった食材なら何でもOK!
  和・洋・中 ジャンルは問いません。
  ただし、コンテストではありませんが、他媒体へ応募・掲載されたレシピ
  の応募はご遠慮下さい。

 ◎応募方法
  メールで下記情報を明記の上、写真と共にお送り下さい。
  メール送付先:umai@kaisen-omakasebin.jp



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■◇■海鮮おまかせ通の解除、アドレスの変更は下記URLからお願いします。
   >> http://www.kaisen-omakasebin.jp/mm.html

 ■◇■記事の内容、弊社サービス、その他お問い合わせ先は
   >> mailto:umai@kaisen-omakasebin.jp

 発行責任者:加藤秀樹
 発行元:  海鮮おまかせ便
       〒730-0845 広島市中区舟入川口町21-7エフォートシステムビル3F
       Tel:  082-294-3618
       mail: umai@kaisen-omakasebin.jp
       URL: http://www.kaisen-omakasebin.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved